blog

Gallery Top

先日知った「へぇ~!!」をご紹介します

 

 

 

 

 

 

 

知っている方もいらっしゃるかもしれません.

あぶらとり紙のことを「ふるや紙」と呼ぶことを知っていますか?

 

この「ふるや紙」とは、金箔をうち広げる工程の際に、

地金を挟む込む時に使う雁皮紙(ガンピシ)なのですが、

上質の本金箔を製造するために何万回も打ち続け使い古した紙のことをいいます.

 

この「ふるや紙」が、優れた吸脂性を持つということで、

女性のお化粧直しに使われるようになりました.

 

とくに、京都祇園の花街、

舞妓さんに好んで使われることが広く知られるようになってからは、

「あぶらとり紙」として全国的にとても有名になってきました.

 

 

 

世界に誇る日本の金銀糸 

 

 

 

 

 

 

| |

アメリカで刺繍空間

 

 

 

 

 

 

去秋、ご主人のお仕事の関係で、アメリカへ引っ越された生徒さんが
一枚の写真を送ってくださいました.

自分のアトリエ!!

これから、いろんな刺繍を楽しんでくださいね!!

と私たちも嬉しくなります.

 

 

楽しんで刺繍ができる空間作り、素敵です!

 

 

 

 

 

 

| |

クロススッテチの“キング”ですね

 

 

 

 

 

 

昨日、午前中は浅草浅草寺へ針供養!

そして午後からは東京ビックサイトにて開催していたギフトショーに行き.

夜は…渋谷パルコのLOGOS GALLERYで開催中の

クロスステッチ界のキング!

大図まこと君の展示会を見てきました.

実は10年前に名刺交換をさせてもらっている仲です.

 

街中でもよくよく見かける彼のバッチやアクセサリー類.

大図くんの作品はユーモラス感たっぷりの素敵なクロススッテチです.

 

 

是非、渋谷のLOGOS GALLERYへ!

 

 

 

 

 

| |

Galleryを更新しました

 

 

 

 

最近「chitchat」を更新できず…

それはこのHPの「gallery」を作っていたからです.

今回も皆さんに何かのアイデアの役に立ててもらえたら…

との想いで、いろいろな写真を2ページにわたり17枚アップしております.

 

これらのテクニックは普段のLessonで行っている

刺繍と全く同じ.

Lemmikko leçon の Numéro-6が終了すれば

出来上がりるテクニックのみの刺繍(リュネビル刺繍・マントゥーズ刺繍)です.

 

 

上の画像をクリックし、「Atelier」をご覧下さい。

直接見たい方はこちらを…

 

 

| |

「Mi Choripan」

 

 

 

 

 

 

「Mi Choripan」、スペイン語で「俺のチョリパン」という意味らしいです.

何かと申しますと、最近アトリエの近くにできた、

アルゼンチンのソウルフードを提供されているお店です.

場所は代々木上原.

「Mi Choripan」

 

ここ最近、空き家物件に工事が入り、お店の方(?)が内装工事みたいなことを

されていて、なんだかLemmikkoと同じ匂いがするとな~と、気になっておりました.

社長にお願いしてそこでランチを買ってきてもらい、いただきま~す!

うん、やっぱり美味しいです.

Lemmikkoのアトリエの近くにまた新しい食べ物屋ができて嬉しいです!

 

 

この「チョリパン」、是非!

 

 

 

 

 

 

 

| |

» 以前のChitchatへ

カテゴリ

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31