blog

Gallery Top

インドの刺繍みたいに…

 

 

 

 

 

 

 

 

猫目型のメタルビーズの刺繍

 

インド風のかわいい刺繍

 

メタルスパンコールのインド風刺繍

 

インド風の刺繍



前回のchitchatの続き…の前に、
量産で仕上げた別の刺繍のご紹介。

依頼があったのは1年半前…。
その時はまだサンプルの段階で
量産になるかは不明の状態。

まずは、とりあえずサンプルを刺繍する事に。
ここでの注意点は
作り込み過ぎないこと⁉︎

レンミッコでは常に〝先々〟を考えながら
業務を遂行します。

ではこの時点で何を考えるか。
それは量産になった時の刺繍を考えます。

〝作り込み過ぎない〟とは
サンプルだけを丁寧に作る事ではない…
という意味です。
量産の刺繍は
料金、納期、仕上がり
の3点がテーマ課題となります。

〝作り込み過ぎると…〟
当然綺麗に仕上がります。
そして〝必要以上〟に
ステッチの数が増えます。
すると時間が掛かります。
つまり、納期が伸び、
料金も増えるという結果に。

刺繍のサンプルはこれらを頭に入れながら
仕上げるのです。
そうしないとお客さんだって
サンプルと製品の刺繍が
それぞれ違うと戸惑いますよね。

今回はインドの刺繍のような
手作り感を出したい…とのこと。
いつも図案通りに刺繍しているので
時折あるニュアンスの刺繍は
最初難しいものです。

メタル素材のコイルは均等に切っても
絶対に同じ寸法では揃えられません。
スパンコールや
ナチュラル素材の猫目型の貝や石、
これらの素材でも1つ1つ
違った顔をしてます。

これら異なる刺繍の柄を約8,000個分を
ジレ、ボレロ、コートに刺繍。

縮絨された厚手の布に
細かな刺繍は大変でしたが、
可愛いクチュール服の出来上がりです。




-------------------------
The request came a year and a half ago....
At that time, we were still in the sample stage
and had not yet decided whether
we would mass-produce the product or not.

First, we decided to embroider a
sample for the time being.

At Renmikko, 
we always think about the "future" 
as we carry out our work.

What do we think about at this point?
We think about the embroidery
when it comes to mass production.

Not overworking" does not mean
that we only carefully embroider samples.
The three issues for mass production
embroidery are price, delivery time, and finish.

Too much work" will naturally result
in a beautiful finish.
If you make too many stitches,
the result will be beautiful,
but if you make more stitches
than necessary,
it will take more time.
This takes time.
In other words, 
the delivery time will increase
and the price will also increase.

Embroidery samples should
be finished while keeping these things in mind.
Otherwise, customers would be confused
if the sample and the finished embroidery
are different from each other.

About 8,000 pieces of these different
embroidery pattern are embroidered
on gilets, boleros, and coats.

The detailed embroidery on the thick,
shrunken cloth was difficult,
but the result is a lovely couture garment.
-------------------------






素材は抜け落ちないように一工夫

 

朝日出版 あこがれのオートクチュール刺繍 

 

クチュール仕立ての刺繍ブレード 

『 WORK SHOP 』2022年11月04日更新

刺繍 素材 ワークショップ 

『 ONLINE STORE 』2022年11月05日更新

刺繍 素材 通販 

『 Feature articles 』2018年12月03日更新

 

『 Feature articles 』2018年11月08日更新

mac特集記事 


刺繍 素材 ショップ
 


リュネビル刺繍 クロシェ 販売

 

代々木上原 代々木八幡 代々木公園 ランチ

 

リュネビル刺繍 お教室

| |

襟周りの刺繍

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンクのビーズ刺繍

 

衿のビーズ刺繍



今回の刺繍は
襟周りが物足りなく
何か欲しい…
とのことでした。
まずはピンクのビーズ刺繍で…
少しキラキラっと…
そして凹凸も欲しい…
などなどでした。

最初に糸印を施して刺繍を始めます。

刺繍の技術はリュネビル技法
とマントゥーズ技法。

いつもお伝えしているように
レンミッコでは
低い素材から高い素材へと
刺繍していきます。
そうなると必然的にリュネビル技法で
アウトラインやベース(土台)のビーズを
縫い付けます。

続いて一番高さがある素材を
マントゥーズ技法で縫い付けます。

今回の難しさは
マントゥーズで縫い付ける
副資材のバランスです。

二分竹、三分竹、三角ビーズ
クリスタルを同時につけて
天地グラデーションになるよう
バランスよく縫い付けます。

バランスが崩れたらまた解くの?
仮にそうなったらもちろん解きます…、
が、それはほとんどありません。

今回のようなバランスを考慮する刺繍を
幾度も作っているから慣れました。

しかし…納品後数日経ってから
仕様の変更が!!

続きは次回…。






-------------------------
This time I embroidered around the collar.
The request was for a little sparkle...
and some unevenness....

The embroidery is started by
first applying a thread mark.
The embroidery techniques are
the Luneville technique
and the Mantouze technique.

As we always tell you, 
at Lemmikko we embroider 
from low to high material.
Inevitably, the Luneville technique is
used to sew the outline
and the base (foundation) beads.

Next, the tallest material is stitched
 with the mantouz technique.

The difficulty this time is the balance
of the secondary materials to be sewn
with the mantouz technique.

The second bamboo, third bamboo,
 and crystal triangular beads
are attached at the same time
and sewn in a balanced manner to
create a gradation between
the top and the bottom.

However... a few days after delivery
A few days after delivery, 
there was a change in the specifications!

To be continued next time...
-------------------------






クリスタルの刺繍でした

 

朝日出版 あこがれのオートクチュール刺繍 

 

クチュール仕立ての刺繍ブレード 

『 WORK SHOP 』2022年11月04日更新

刺繍 素材 ワークショップ 

『 ONLINE STORE 』2022年11月05日更新

刺繍 素材 通販 

『 Feature articles 』2018年12月03日更新

 

『 Feature articles 』2018年11月08日更新

mac特集記事 


刺繍 素材 ショップ
 


リュネビル刺繍 クロシェ 販売

 

代々木上原 代々木八幡 代々木公園 ランチ

 

リュネビル刺繍 お教室

| |

4mのブレードの刺繍

 

 

 

 

 

 

 

 

波模様の糸刺繍

 

ジグザグの糸刺繍

 

波模様のビーズ刺繍

 

青いカットガラス

 

青いラインストーンを刺繍

 

青いビーズ刺繍

 

ブレードの青いビーズ刺繍



ブレードの刺繍です。
サイズは幅18ミリ、長さ4メートル分を
リュネビル刺繍とマントゥーズ刺繍で仕上げます。

1本の波線を図案線として
ビーズを規則的に刺繍。

波線をきちんと描き
ビーズの角度、粒数、本数を
規則的に刺繍することで
等間隔の山、谷が完成。

出来上がった波模様のビーズ刺繍にの両脇に
クリスタルを天どめで飾り付け。

ただそれだけの刺繍ですが
時間は掛かりました…!




-------------------------
Embroidery of blades. The size is
18 mm wide and 4 meters long. 
Luneville embroidery and mantouze embroidery.

One wavy line is used as the pattern line. 
Beads are embroidered regularly.

Draw the wavy line properly. 
The angle, 
number of beads, 
and number of beads the angle, 
number of beads, 
and number of beads the evenly spaced
peaks and valleys are completed.

Crystal beads are placed on both sides
of the embroidered wave pattern. 
Crystal beads are placed on both sides
of the embroidered wave pattern.

That's all there is to it. It took a long time...!

-------------------------






波模様のビーズ刺繍でした

 

朝日出版 あこがれのオートクチュール刺繍 

 

クチュール仕立ての刺繍ブレード 

『 WORK SHOP 』2022年11月04日更新

刺繍 素材 ワークショップ 

『 ONLINE STORE 』2022年11月05日更新

刺繍 素材 通販 

『 Feature articles 』2018年12月03日更新

 

『 Feature articles 』2018年11月08日更新

mac特集記事 


刺繍 素材 ショップ
 


リュネビル刺繍 クロシェ 販売

 

代々木上原 代々木八幡 代々木公園 ランチ

 

リュネビル刺繍 お教室

| |

今年で3作目です

 

 

 

 

 

 

クリスマスの刺しゅう

 

クリスマスの刺しゅう

 

ホシの刺繍

 


去年、一昨年と続いている
クリスマス刺繍のワークショップ(オンライン)。

去年と引き続き
今年もオンラインワークショップです。

来年はレッスンスペースで皆さんと
刺繍談義に花咲かせながら
コツコツと刺繍したいですね。

ご遠方の方…ご安心ください。
来年も引き続きオンラインでの
ワークショップも開催しますね。

さてさて今回のクリスマスの刺繍キットは
本金メッキの丸小ビーズを使います。
銀スキの金ビーズでも綺麗だったんですが
サンプルで少し刺し比べると…
やっぱり本金メッキには敵いませんでした。

しっとりと存在感がある本金メッキ…。
それとは全く別物のパステルカラーの砡ビーズ。

来年、再来年分のクリスマスキットの
バランスを考えての色味です。

そうこれは5作品あるキットです。
もちろん1作品でもいいし、
お好きな3作品でもいいのです。

ワークショップは締め切りましたが、
お好きなクリスマスのキットがありましたら
12日以降のから再販するので
是非、ご購入ください。
(再販分は録画のレクチャーになります)

※ワークショップは、
聞きたいことがあればお答えできるのがポイントなので
皆様ご参加されてます。
このキットのみの質問だけではなく
いろんな刺繍のご質問でも全く問題ございません…。


-------------------------
The Christmas embroidery workshop has
continued from last year and the year before.

This year's workshop will be online, as last year.

Next year, we would like to have a lot of
fun while chatting about embroidery
with you at the lesson space.

For those of you who live far away...don't worry.
We will continue to offer online workshops next year.

Now, for this Christmas embroidery kit, 
we will be using small round beads plated with gold.
The gold beads on the silver skeins were beautiful,
 but when I tried to compare them
with the gold beads on the sample...
they were no match for the gold beads.

The gold plating has a moist and strong presence....
The pastel-colored tungsten beads are
completely different.

The colors were chosen to balance
the Christmas kits for next year and the year after.

Yes this is a kit with 5 pieces. Of course,
you can do one piece or three of your choice.
-------------------------






来年はサンタの顔…!?

 

朝日出版 あこがれのオートクチュール刺繍 

 

クチュール仕立ての刺繍ブレード 

『 WORK SHOP 』2022年11月01日更新

刺繍 素材 ワークショップ 

『 ONLINE STORE 』2022年11月01日更新

刺繍 素材 通販 

『 Feature articles 』2018年12月03日更新

 

『 Feature articles 』2018年11月08日更新

mac特集記事 


刺繍 素材 ショップ
 


リュネビル刺繍 クロシェ 販売

 

代々木上原 代々木八幡 代々木公園 ランチ

 

リュネビル刺繍 お教室

| |

久しぶりの更新

 

 

 

 

 

 

金の竹ビーズ

 

金の竹ビーズの付け方

 

襟にビーズ刺繍

 

衿にビーズ刺繍


本日、お客様からこんなご指摘…。
最近、ブログ(chitchat)の更新が
されてないから忙しいの?…と。

確かにこの2〜3カ月色々と忙しく
chitchat(チットチャット)が更新できませんでした…。
(今後は目標の週1で更新を…⁈)

やっと納期のプレッシャーから
解放されたのでそろそろ更新しよう…と思ったら
今日のご指摘でした。

久々の更新で今回のchitchatのテーマは
衿の刺繍…。
衿に竹ビーズとスパンコールを刺繍してとのご依頼で
3色の衿の刺繍ができました。

マントゥーズ刺繍でロング竹ビーズと
スパンコール等の素材を
衿から垂れるようにバランス良く配置。

歩く度にビーズが揺れて
可愛く光りそうですね…。

今回の難しさは…
2着目、3着目…と同じ位置に
同色の竹ビーズやスパンコールを
縫い付ける事と、
同じフリンジの雰囲気にする事。

仮に同じ位置に同じ素材を
縫い付けることが出来たとしても
ビーズのフリンジが変わっては大変です。
このフリンジのポイントは一つ!
糸の引き加減で決まります。

強く引けばビーズが遊ばなく
ガチガチになり…、
弱く引けば頼りなくビーズが刺繍されます。

糸の引き加減で全てが決まります!

手、指全部にを使って
あとは感覚で仕上げていきます…。



-------------------------
Today, a customer made this point....
I think you haven't been updating your blog (chitchat) recently.
 I have been very busy for the past two or three months.

I have been so busy for the past two to three months 
that I have not been able to update the chitchat....

It's been a while since I updated, 
and the theme of this chitchat is embroidery of collars....
We were asked to embroider bamboo beads 
and sequins on the collars, 
and we were able to embroider collars 
in three different colors.

Long bamboo beads, sequins, 
and other materials are placed
in a good balance so that they hang from 
the collar in mantouz embroidery.

The beads sway and look pretty every time you walk....

The difficulty this time was...
The difficulty this time was... 
to place the second
and third Sewing bamboo beads
and sequins of the same color to the same position
and to sew the same color bamboo beads and sequins
the same fringe.

Even if we could sew the same material
in the same position
Even if you could sew the same material in the same position
but if the fringe of the beads is different, it will be very difficult.
There is one key to this fringe!
It depends on how hard you pull the thread.

If you pull too hard, the beads won't play. 
If you pull too hard, the beads won't play...
If you pull too hard,
 the beads will be stiff... If you pull too soft, 
the beads will embroider unreliably.

The pull of the thread determines everything!

Use all of your hands and fingers. The rest is done by feel...
-------------------------



左右の重さでバランスは偏らないのか…!?

 

朝日出版 あこがれのオートクチュール刺繍 

 

クチュール仕立ての刺繍ブレード 

『 WORK SHOP 』2022年11月01日更新

刺繍 素材 ワークショップ 

『 ONLINE STORE 』2022年11月01日更新

刺繍 素材 通販 

『 Feature articles 』2018年12月03日更新

 

『 Feature articles 』2018年11月08日更新

mac特集記事 


刺繍 素材 ショップ
 


リュネビル刺繍 クロシェ 販売

 

代々木上原 代々木八幡 代々木公園 ランチ

 

リュネビル刺繍 お教室

| |

» 以前のChitchatへ

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031