blog

Gallery Top

2014 12月 のカテゴリー

おじさんがいた!








エルメス

エルメス バッグ

エルメス バーキンなど

革を使ったオブジェ

フィルオシノワ

フィルオシノワ

12月は何かと気になる展覧会が

あちこちで開催されていましたね…


ファッション関係の展覧会3つ!

スケジュールを調整して、なんとか行ってきました.


一つは先日ブログでもご紹介した
芦田淳さんの展覧会

もう一つは、

上野の東京国立博物館の表慶館で開催されていた

エルメス レザー・フォーエバー

という、エルメス特別エキシビション.


1837年創業以来、エルメスが情熱を傾け続けてきた素材、レザー.

エルメスのレザーの世界を、職人の技術と共に紹介していました.

エルメスが使っている革を触れることができたり

特別オーダーアイテムが展示してあったり

職人によるデモンストレーションがあったり

エルメスの鞍を跨ぐことができる木馬があったり

と、内容も盛りだくさんなのに、無料!

平日の夕方にもかかわらず、たくさんの人で賑わっていました.

週末や最終日は、入場制限もかかるほどの人気だったようです…


展覧会に行かれた生徒さんは気がついたでしょうか.

レンミッコのレッスンで使うおじさん糸の親戚のおじさん糸がたくさんいたのを…

(最後の画像2枚です)


生徒さん以外の方は?と思われますよね

レンミッコのレッスンで使っている糸のボビンに

中国人のおじさんのイラストシールが貼ってあるのです.

そのため、レッスン中は他の糸と区別するために

「おじさん糸」

と呼んでいるのです.


その「おじさん糸」のシールが貼ってある、

糸がエルメス展でも見られたのです.

以前の「chitchat」でも書きましたが、

レッスンで使っている糸のメーカーは最高級の革製品を扱う世界のトップブランド

「エルメス」でも使用している面白い素材です

 

職人の技術と、素材の魅力、洗練された形に魅了された展覧会でした.


さて、最後は多くの方が足を運んだ、DIOR展

まだ、行かれていらっしゃらない方は、ぜひ!!

1月4日まで、銀座で開催しています.

こちらも無料.
 

最近のオートクチュールも多く展示されていましたが

憧れのディオール時代のディオールも展示されています.

こちらも職人によるデモンストレーションもあり

映像あり、ライブラリーあり

と、盛りだくさん…

 

かなり近くで見られるチャンスですのでぜひ. 

刺繍ものも多くきています.

 

個人的には、バールックが見られたのがとても感激でした.

こちらも撮影が可能だったのですが、

会場の外で、レンミッコの二人がお互い撮った写真を見せ合うと

同じドレスの写真ばかり…

見ているところ

気になる所は一緒で笑っちゃいました.








とても、勉強になる12月でした.

来年も、たくさんのアンテナを張る1年にしたいです.

 

********************************************************************

※7月より再開させて頂いております、新規ご入会のご案内ですが

既に、お待ち頂いてる方が多数いらっしゃるため

お申し込みからスタートまで、数ヶ月掛かる場合がございます.

ご入会を迷われている方は、ご入会の時期について

お電話・メールにてお問い合わせください.

********************************************************************

リュネビル刺繍の道具、クロシェについて








| |

いろいろと整理整頓していたら







オートクチュール 刺繍

オートクチュール 刺繍

以前、百貨店でのイベントに参加した際に製作した

 刺繍サンプルが目にとまりました.


普段から手に取れる距離で管理しているのですが

不思議とその時その時で手が止まるサンプルが違うのです.


その時関わっている仕事に関係しているのかしら?


しばらくお会いしていない人に関係しているのかしら?


今回は、この刺繍たちが目にとまったんです.


何を感じたんですかね.


イチョウが風で落ちるのを見ていたせいなのか


金色の竹ビーズを使う仕事を手がけているせいなのか


学生さんが、お花を作りたいと言っていたせいなのか


あまり深く考えた事がないけれど

いろんなタイミングがあるんですね.






次は何が気になるのかな?

 

********************************************************************

※7月より再開させて頂いております、新規ご入会のご案内ですが

既に、お待ち頂いてる方が多数いらっしゃるため

お申し込みからスタートまで、数ヶ月掛かる場合がございます.

ご入会を迷われている方は、ご入会の時期について

お電話・メールにてお問い合わせください.

********************************************************************

リュネビル刺繍の道具、クロシェについて








| |

旅行先で買った絵ハガキを…








リュネビル刺繍の作品

リュネビル刺繍の作品




 

海外旅行のたびに集めてきた絵ハガキ

その中から、お気に入りの1枚選んでいらっしゃいました.

 

スイスで購入した、犬ぞりと山々の絵ハガキ

これを、刺繍で表現できますか…と.


控えめな色味ではあるけれど、多色で表現されている絵.

始めはビーズをたくさん使って表現する方向で考えていたようですが

この微妙な色を、ビーズで揃えるのは難しい

ビーズでぎっしり刺繍すると、雰囲気が出ないのではないか

というアドバイスをさせていただき

糸とビーズ、革を使って表現することにしました.

 

DMCのツビノだと、198色揃っているので

かなり近い色味を選ぶことができますし

チェーンステッチで細かい表現も可能です.
もちろん、ボリュームを出す表現はDMCの25番糸 

革の表現も、numero5で習ったものを使ってと

今まで習得してきた技術盛りだくさん.

 

素敵な作品ができました.

 

生徒さんが、自分が作ってみたいものにチャレンジするのを

そばで見ていられるのは、とても嬉しいです.
 

金属アレルギーのお友達のために、
刺繍でアクセサリーを作っている生徒さん

ご自分の結婚式で着ける

ヘッドドレスを手がける生徒さん

 

 

みなさん、迷いながらも楽しそうに刺繍しています.

 

********************************************************************

※7月より再開させて頂いております、新規ご入会のご案内ですが

既に、お待ち頂いてる方が多数いらっしゃるため

お申し込みからスタートまで、数ヶ月掛かる場合がございます.

ご入会を迷われている方は、ご入会の時期について

お電話・メールにてお問い合わせください.

********************************************************************

リュネビル刺繍の道具、クロシェについて








| |

ちょっとワイワイなアトリエ








リュネビル刺繍のお教室


学生さんがレンミッコのアトリエにやってくる時期.
そうです、卒制に向けて刺繍を猛特訓

日々課題をに追われている彼女たちだけど

その中で、刺繍をする時間を作ってます.


頑張ってます.

自分が表現したい刺繍を具現化するために

必要な技術を一生懸命習得

朝からチクチクと

黙々と刺繍をしている姿を

微笑ましく見ながら

仕事を一つ一つ終わらせるレンミッコ.





年末年始…まだまだ刺繍は続くのです. 

 
********************************************************************

※7月より再開させて頂いております、新規ご入会のご案内ですが

既に、お待ち頂いてる方が多数いらっしゃるため

お申し込みからスタートまで、数ヶ月掛かる場合がございます.

ご入会を迷われている方は、ご入会の時期について

お電話・メールにてお問い合わせください.

********************************************************************

リュネビル刺繍の道具、クロシェについて








| |

行ってきました.








エレガント

スケッチ

エレガントな服

クリスチャンラクロワのデザイン画 

クリスチャンラクロワ 

先日、新国立美術館内で行われていた

ファッションデザイナー 芦田淳さんの作品展

「エレガンス不滅論」へ行ってきました.


ブランド創立50周年を記念して

ファッションデザイナー 芦田多恵さんが企画した展示.

節々に、お父様である芦田淳さんへ「愛」を感じました.


父娘という関係だけでなく

ファッションデザイナー同士という関係のお二人.

そんなお二人だからこそ生まれる

「愛」が溢れる作品展でした.


ブランド創立からは50年ですが、

デザイナーとしてのキャリアは

約60年にもなるそうです.

 

素材の良さ、

上品なデザインは

服を作ることに携わる人間として

その優雅さに背筋がピンとなります.

 

展示の中で、職人さんの手元を写した映像がありました.

鉛筆を引く手

ハサミで布を裁断する手

アイロンをかける手

その手からは緊張が伝わってきましたが

とても美しいものでした.

 

自分たちもそうでありたいと感じましたし

そんな職人にあふれたアトリエにしていきたいと

心から感じました.

服作りに携わる手を持てて、幸せだとも…

 

なんだか、優雅な世界感を味わった展覧会でしたが

実際のファッション業界は

優雅にはなかなかいかないもの…

 

でも、そんな動きある現場で

同じ価値観を持って手を動かしてくれる人を

レンミッコでは、探していたりします.

 

興味を持ってくださったかたは

ぜひ『こちらをご覧ください.

 




エレガントな女性を目指したい…です
 

********************************************************************

※7月より再開させて頂いております、新規ご入会のご案内ですが

既に、お待ち頂いてる方が多数いらっしゃるため

お申し込みからスタートまで、数ヶ月掛かる場合がございます.

ご入会を迷われている方は、ご入会の時期について

お電話・メールにてお問い合わせください.

********************************************************************

リュネビル刺繍の道具、クロシェについて








| |
1 / 212

» 以前のChitchatへ

カテゴリ

カレンダー

2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031