blog

Gallery Top

2022/04/25 – atelier – 黒の立体花びらの刺繍

黒い立体花の刺繍

 

 

 

 

 

 

黒い百合の刺繍

 

立体の花びらの刺繍の作り方

 

黒い立体花の刺繍

 

黒の立体花刺繍

 

黒い竹ビーズの刺繍


2月の中旬
突然、刺繍の依頼が…。
この瞬間
頭の中では納期が気になり始め
その確認から聞きます。
その後、デザインの話に…になりたいところ。
しかし、頭の中では終わるか心配。
でも、電話越しではデザインの話へ変わってます。
そう、この時点でご依頼を受けてます。

まずはブランド名を聞きます。
その時点で何となく
色やデザインの方向性の特徴を掴みます。
その後、もう少し具体的に聞き込みます。

さてさて今回は
黒のユリをモチーフとした
シンプルな立体花の刺繍になりました。

この段階で…
素材の確保が頭なの中を過ります。
新しく購入する時間もないので
アトリエで抱えている在庫を頭の中で整理して
刺繍の可否判断をしていきます。

今回はそこまで難しくはないので
素材は問題なし。

後は刺繍のデザインと納期とのスケジュール。
デザインを入れ込み過ぎてしまっても
納期に間に合わない。
しかし、せっかく依頼していただいた刺繍を
納期を理由に簡単にする訳にはいかない。
(もちろんシンプルな刺繍が希望だったらそうします)
その時、担当者様はお任せします…と。

ここで、具体的な方向性を決めても
時間の無駄と先方も分かってます。
何十年もやっている大きなブランドだと
経験豊富なのでその辺は直ぐに察知してくれます。

そんな訳で直ぐに始められた刺繍。

イメージはあったので直ぐに始められました。
刺してはとりあえず先方に画像送信の繰り返し。
先方も忙しいのでここは効率を考え
返信がない場合は『OK』との解釈。

そんな訳で無事3日で納品できました。

黒い竹ビーズと
立体花びらで仕上げたユリの刺繍…。
久しぶりにポワンリッシュを
急いで刺繍しました。




-------------------------
Suddenly, a request for embroidery...
At this moment in my head, 
I start worrying about the delivery date, 
and I start asking for confirmation of that.
After that, I would like to talk about the design....
But in my head, I'm worried about whether it will be finished.
But over the phone, 
the conversation turns to the design.
Yes, at this point, 
we have received your request.

First, I ask for the brand name.
At that point, I kind of get a feel for it. 
We get a sense of the color and the direction of the design.
After that, 
we ask a little more specifically.

Well, this time, let's see. 
I'm going to use black lilies as a motif. 
with a black lily motif.

At this stage... I have to find the right materials.
I don't have time to buy new materials. 
I have to sort through the inventory 
in my atelier and make a decision 
on whether or not to embroider. 
I will make a decision on whether to embroider or not.

This time, it is not that difficult. The material is no problem.

The rest is the embroidery design 
and the delivery schedule.
If we put too much design into 
it we will not be able to meet the delivery date.
However, we can't simply take the embroidery 
We can't simply just leave the embroidery 
to the client because of the delivery date.
(Of course, if you want a simple embroidery, we will do so.)
At that time, the person in charge said, "I'll leave it to you...".

Even if we decide on a specific direction here 
The other party knows it's a waste of time.
A big brand that has been in business for 
decades has a lot of experience. 
They have a lot of experience, 
so they can sense this immediately.

That's why we started embroidery right away.

I had an idea of what I wanted to do, 
so I was able to start right away.
I repeated the process of embroidering 
and sending the image to the client.
The recipient was also busy, 
so I thought it would be efficient to
 send the image to the recipient.
 If there was no reply, I interpreted it as "OK.

So I was able to deliver the product in 3 days.

Black bamboo beads and I embroidered lilies 
with black bamboo beads and three-dimensional petals....
I haven't embroidered a Point riche in a long time. 
 I embroidered in a hurry.
-------------------------




 

黒の立体花びら刺繍でした

 

朝日出版 あこがれのオートクチュール刺繍 

 

クチュール仕立ての刺繍ブレード 

『 WORK SHOP 』2022年04月15日更新

刺繍 素材 ワークショップ 

『 ONLINE STORE 』2022年04月23日更新

刺繍 素材 通販 

『 Feature articles 』2018年12月03日更新

 

『 Feature articles 』2018年11月08日更新

mac特集記事 


刺繍 素材 ショップ
 


リュネビル刺繍 クロシェ 販売

 

代々木上原 代々木八幡 代々木公園 ランチ

 

リュネビル刺繍 お教室

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031