What's atelier Lemmikko? - レンミッコって何? -


2000年「パリ・モードの舞台裏」で、今までの刺繍の概念を覆されるようなオートクチュール刺繍に出会い魅了された柴田士郎・小川明子。

2001年から2004年までパリに滞在。「目と手」を使って、オーセンティックなオートクチュール文化に触れてきた。老舗メゾンの刺繍を手掛けるアトリエで、職人から技を習得。現場の技術、現場の時間、現場の流れを間近に感じてきた。

2004年秋、パリ留学を経て帰国した2人は、「職人としてモードの裏舞台を支えたい」という強い思いを実現すべく、本格的に刺繍を手がけるアトリエ「Lemmikko」を東京で立ち上げる。
「質のある刺繍技術」「刺繍の可能性」を日本に広げたいという気持ちが、Lemmikkoの今日の活動を支えている。

※"Lemmikko"とはフィンランド語でLemmikki(勿忘草/聖人の名前)とMikko(フィンランド人の友達の名前)を掛け合わせて作った造語。

Works - 何をしているの? -


「broder ― c'est s'exprimer creer inover」をコンセプトに、刺繍に関わる活動を展開している。

頭の中で生まれるイメージを自分の持っているテクニックで、型にはまらない自由な発想で表現できるかを追求している。・・・「S'exprimer 自己表現する」

デザイナー、クリエイターがイメージする絵・形をLemmikkoが最大限のテクニックとアイデアで創造し具現化している。 ・・・「Creer 創造する」

古き良き時代の伝統的な刺繍から、現代だからこそ生まれる多岐にとんだオーセンティックな刺繍まで、幅広い表現に挑戦している。・・・「inover 革新する」

ファッションデザイナーのコレクションのアシストはもちろん、インテリアデザイナーへのアシストもチャレンジしている。また、デザイナーやメーカーに刺繍デザインの企画・提案も行う。

取引先について
Lemmikkoでは、コレクションブランドの刺繍全般をアシストさせていただいております。
1点ものの客注ドレスからプレタポルテの刺繍企画・製作、ブランドが求めるスタイルでお取引をさせていただいております。
ブランド、メーカーにとって、それぞれが持つイメージはとても大切なカテゴリーです。
そのイメージを邪魔することが無いように、HPでの仕事内容、お取引先様のお名前を公表することを控えさせていただいております。

Lemmikko(レンミッコ)
brodeur Shiro SHIBATA 柴田士郎
brodeuse Akiko OGAWA 小川明子

SHiBATA

1976生まれ
文化服飾学院アパレルマーチャンダイジング科卒業後アパレルメーカー勤務
2003年パリへ渡り「LESAGE」にて刺繍技術を習得

OGAWA

1979年生まれ
「LESAGE」「Claire Liotta」にて刺繍技術を習得 パリのウェディングドレスデザイナーのもと研修

Lemmikko(レンミッコ)スクールへのお申し込み/お問い合わせ
Lemmikko

※アトリエ内のご見学はご遠慮させて頂いております。ご了承下さい。
なお、レッスンのご見学は可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

Address:〒151-0063 渋谷区富ヶ谷2-42-6 1F (地図はこちら)
Tel&Fax:03-3468-5795
Email: contact@lemmikko.com
お問い合わせフォームはこちら

Sitemap